助産所ブログ

乳幼児の内服方法

お子さんの発熱時、下痢、鼻水症状などで処方された薬。

『飲ませられるかしら…』と不安になる方もいますよね。

最近は産後のビタミンK2は自宅で 与えることになって処方している産院や小児科もあります。せっかくのお薬ですから吐き出さずに飲み込んでもらいたいものです。

特に2歳以下の子供への内服方法は

①薬をスポイトに入れる(粉薬は溶いてから)

②子供を横抱きにして腕で子どもの腕を包みながら抑える

③0.5ccを目安に 時間をかけて与えていく

泣くことが多いですが、口を開けてくれていれば飲ませられるので少しずつ辛抱強く与えていきましょう。

これから熱くなり熱中症も予防したいところ。脱水症状でぐったりして水分も飲んでくれないようになった時も5分おきにちょっとづつスプーン杯の量でも飲んでいけると徐々に回復することがあります。

お子さんへの内服方法や水分の与え方。参考にして頂ければと思います。



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このトピックスの記事一覧