助産所ブログ

赤ちゃんの姿勢

最近は赤ちゃんが落ち着くようにと蓑虫のようにと、お包みで赤ちゃんを包む姿を良く目にします。

私がモロッコの病院で仕事していた時も、生後すぐから包帯のようなものですぐるぐる巻きにして赤ちゃんを落ち着かせると言っていました。

初めてお子さんを産んだママさんやパパさんは緊張のあまり丁寧に赤ちゃんを抱き抱えるようで、あまり安定感がない場合がありますね。
あまりに繊細で壊れてしまうように感じるのでしょう。

でも、赤ちゃんはフワフワ、グラグラして抱かれると逆に心配になってしがみつくような姿勢になります。(モロー反射)
その様な時、しっかりと腕で包みこむ様に抱くと安心して落ち着かせる事ができます。

抱っこしなくても落ち着くようにと、お包みで包みこむ様になったのもこのような根拠があります。

ただ、新生児の正しい姿勢は寝かせた場合上下の四肢を軽く曲げ、肘や踵が床についていても、外は軽く曲げて浮いたような状態です。
なので、お包みで包む際も、足や腕を真っ直ぐに伸ばして包むよりも、自然な形で曲げられたまま包みこむ様にしましょう☆



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このトピックスの記事一覧